パーカーとCleveland Clinicが先端医療技術を共同開発

パーカーは、臨床ケアと研究/教育を統合した有名な非営利の学術医療センターである、Cleveland Clinicと連携して、将来性のある100を超える先端医療技術を開発しています。

この連携により、パーカーのエンジニアリングおよび新製品開発の専門知識(ウィノベーションを通じて適用)と、Cleveland Clinicの臨床研究能力および現代のヘルスケアの課題に対処するための革新的な医療ソリューションのニーズに対する独特の理解とが融合します。いくつかの医療ソリューションは、ヨーロッパおよび米国の規制当局の承認を得るために提出済みであり、2015年の早い時期の発売を予定しています。

最近開発された2つの医療機器も規制当局の承認を得るために提出されています。1つは、手術中の感染リスクを最小限に抑えるように設計された、光学的に明澄な内視鏡シースで、もう1つは、ガイドワイヤーを人体に直接通す、独創的なサイドエントリータイプのトルカー装置です。

Cleveland Clinicの商品化部門であるCleveland Clinic Innovationは、既存の医療機器における最も重要な進展を発見したり、新しい医療機器を作り出したりするために、同社の従業員はもちろん、この革新的な連携を構成する病院および大学にも協力を仰いでいます。この協力関係においては、特別に設計された産業システムと医療機器の融合を、患者の安全性を高め、処置にかかる時間を短縮し、コストを削減する概念へと昇華することを目指しています。

パーカーは、世界における最大の技術課題を独創的なソリューションを用いて解決できるよう、2005年に独自のウィノベーションプラットフォームを導入しました。その使命の中核を成すのは、エンジニアグループすべてに相乗効果をもたらし、戦略的パートナーシップに取り組むことです。Cleveland Clinicとの連携により、最先端の医療ソリューションを開発する素晴らしい機会がもたらされます。このような製品の飛躍的進歩はパーカーの成長戦略に必要不可欠であり、病期治療においての医師の支援、患者ケアの改善、およびQOLの向上に寄与します。