ヘルスケア用に特別に設計された先進材料をスマートセンサーで活用

パーカーは、患者の健康状態の詳細分析をストリーミング方式で医師に提供できるセンサーの製造を目指し、定評ある状態監視ソリューションに先進材料を適用する場合の影響を調査しています。

パーカーの動的センサーは現在、ばらつきのない正確な気圧、湿度、温度の測定値を提供しています。これは、医療機器の状態の評価、最適性能の確保、および最終的なダウンタイムの最小化を実現するために極めて重要な情報です。

このセンサーは、病院、研究機関、開発ラボ、その他の医療施設で利用されています。ワイヤレスで利用でき、電池で動きます。さらに、ツール不要の高速インストールに対応した設計になっています。このセンサーに搭載された先進技術により、電池交換の間でも長時間の作動が可能です。

パーカーはセンサーの能力をさらに強化して性能と効率性を高めるために、先進材料の開発能力を適用しています(電気活性高分子の使用など)。

ヘルスケアの用途に特別設計されたこれらのスマートセンサーは、リストバンドやチェストストラップ、その他のウェアラブルデバイスに埋め込むことができ、患者の心拍数、呼吸パターン、体温、健康状態に関連するその他の指標の測定に使用されます。

ワイヤレス技術を通じた直感的なユーザーインターフェースを搭載する低出力のセンサーを使用することで、医師は患者の健康状態を驚くほど詳細に常時監視できます。また、バイオメトリクスデータを活用して患者の状態を詳細に把握し、場合によっては、切迫した複雑な状況を未然に防ぐことができます。

パーカーはスマートセンサーの技術を幅広く適用することで、デジタルヘルスの将来を形作り、医師による患者ケアを飛躍的に高められるよう支援します。