多様性と一体性

協力これはParkerでよく使用されることばです。それが弊社の企業文化と環境を表しているからです。弊社にとって、協力は成果を出す方法であり、目標に向かうため多様な労働力を活用します。

成果を出すにはやり方を変えることも必要と考え、自社をさらに規模の大きな企業や変わりゆく生活環境の中で見つめています。多様で社会的一体性のある労働力の確保と維持を求めることが、世界各地で最適な、賢明な人材を確保して開発し維持することで、弊社の顧客すべてに最適なサービスを提供するために必要な企業姿勢です。

Parker での多様性は、社員、顧客、サプライヤおよび対応する地域社会を含む利害関係者すべてにみられる違いを包み込むことを意味します。それは性別、人種、年齢、性的志向、民族または国の違い、宗教や信条以上のものです。

多様な経験、考え方や文化も含まれます。違いを包み込み、理解することでこそ、弊社は一体性のある、尊敬できる職場を形成でき、それぞれが権限を委譲され、成長および開発でき、各貢献内容で評価を受けることになります。社員すべての長所を活かす弊社の能力や取り組みがあってこそ、Parkerが働きやすい環境になっているのです

Parkerでは、企業の成功には社員全員の取り組み、能力開発や権限委譲が必要である考えています。一体性のある職場環境を構築して持続していることで実現が可能となり、また優れた選任社員の多様なチームを引きつけ、サポートし開発することになります