パーカー・ハネフィン財団

1953年1月29日に設立されたパーカー財団は、教育機関、健康医療組織やさまざまな地元の慈善団体のサポートに焦点を当てています。 毎年財団によって何百万ドルもの寄付が、パーカーの従業員の生活や、我々がホームと呼ぶコミュニティを向上させている組織に贈られています。

パーカーのあらゆる場所で、ローカル・コミュニティのサポートと基金調達の活動に力を注いでいます。 寄付に加えて、多くの従業員が、彼らの時間をボランティア活動に費やし、 個人的につながりがある組織を支持して膨大な時間を捧げています。 会社がスポンサーである基金調達活動は、休暇中の贈り物、コートやバックパックの回収から教育、芸術、医療研究、コミュニティ支援組織、その他多数に対する資金提供まで豊富にあります。

パーカー財団は、しばしば、パーカーの従業員の好意を、我々がホームと呼ぶコミュニティに利益を与える贈り物や寄付にまで発展させます。 1953年1月29日に設立されたパーカー財団の目的は、パーカーの従業員と共に、コミュニティに貢献している教育機関、健康医療組織やさまざまな地元の慈善団体をサポートすることです。

毎年財団によって何百万ドルもの寄付が、パーカーの従業員の生活や、我々がホームと呼ぶコミュニティを向上させている組織に贈られています。 最近、2011年2月の会議で承認された組織:アメリカ心臓協会、グレイト・レイクス科学センター、教育の新聞、ハビタット、クリーブランド持続性ネットワーク、LEAF、ジュニア・アチーブメント、エクセター数学学会、ホールデン植物園、クリーブランド美術館。