パーカー・ハネフィン油圧トランスミッションは大型トラック向けEPA排出ガス規制をクリアした新技術です    

RunWiseR油圧技術は、平均43%の燃料の低減が可能です。

クリーブランド - 2015年9月21日 - モーションコントロール技術の世界的リーダーであるパーカー・ハネフィン・コーポレーション(NYSE:PH)は、itsRunWiseR油圧ハイブリッド駆動トランスミッションは、米国環境保護庁(EPA)が6月中旬に発表した燃費基準を満たしていることを発表しました。その新しい基準は、2021年から2027年に製造される大きなディーゼルエンジンをつんだトラックに対して、2027年までにその大きさに応じて16%から24%少ない燃料で使用できるよう設定されています。

パーカーのRunWise油圧トランスミッションは、優れた代替テクノロジーを使用することにより、アメリカの30州以上で燃料消費と微粒子の放出を削減し、EPAの基準を満たしています。
「RunWiseは、今日、塵芥の市場でコスト削減に関して、お客様へ大きな貢献をしている」、とパーカーハネフィン社、ハイブリッドシステム事業部、Shane Terblanche ジェネラルマネージャは言う。
「地球の天然資源を保護し環境を改善する新技術となり、業界や政府の規制を組み合わせ努力をしていると、強調しています。」
200以上のRunWiseは平均で一般的なディーゼル燃料のと比較して43%消費を減らせます。この減少はEPAの基準の2倍です。

さらに、カリフォルニア大気資源委員会は、RunWise を、Cummins Engine Co.の2015年モデルのエンジンと組み合わせ、カリフォルニアの全車両の50%削減の設定に対して燃料を経済的で効率的に使用することを助けるものとして有効なテクノロジーである、と認定しています。「2年前の18個のRunWise装備の全車両への導入以来、私たちは47%の燃料消費量の大きな節約を経験し、10年のスパンで5300トン以上の汚染物質を取り除いた」、とオーランド市のフリートマネージャであるダリルグリーンリーは言った。「その技術は、持続可能なグリーンテクノロジーで私達の全車両をアップグレードすることが、Green Works Orlandoの目標を達成する上で重要な役割を果たしている。」

パーカーの油圧ハイブリッド駆動技術の詳細については、http://parkerhybrid.parker.comをご覧ください。


パーカー・ハネフィン社について

2015年度におよそ$13億の年間売上高がある、パーカー・ハネフィン社は、モバイル、産業、航空宇宙などさまざまな市場で精密工学ソリューションを提供し、モーション&コントロールテクノロジーを数多く製造する世界有数の企業です。同社は、世界50カ国で約55,000人を雇用しています。パーカーはS&P 500インデックスで59期連続で株主に支払われる年次配当金の増加を達成し、長期にわたり配当増加を達成した企業の上位5社にになりました。

詳細については、www.parker.com、またはwww.phstock.comで投資家情報をご覧ください。