製品設計と製造における革新を促進する新しい添加剤製造施設をオープンしました

CLEVELAND, June 19, 2017パーカー・ハネフィン・コーポレーション(NYSE:PH)は、オハイオ州マケドニアにあるコーポレート・テクノロジー・ベンチャー施設として新しい最先端の製造施設と開発センターをオープンしました。 この施設は、パーカーのエンジニアが添加剤製造や共同作業ロボットなどの新技術の新しいアプリケーションを探求できる卓越したセンターとして機能します。 

最先端の添加剤製造装置への投資は、これらの技術の長期的な価値が非常に高いことによってもたらされます。 Parkerは、オハイオ州北東部の本社の近くに単一の施設を設置することにより、最新のプリンタ、ソフトウェア、および入手可能な資料にアクセスできるように、世界中の事業グループおよび部門を提供しています。

 最高技術責任者(CTO)のクレッグ・マックスウェル副社長は「材料印刷技術は、商業的実現可能性に向かって急速に変化しています」と、述べています。ここにある新しい施設とエンジニアリングの才能は、将来の製造への投資を表しています。 

パーカーはリソースを活用して投資を活用し、エンジニアが世界中のお客様の課題をよりよく解決できるようにします。 追加の金型やカスタマイズされたツールを開発することなく、単一のコンポーネントの複数の構成を作成できるため、迅速かつ安価なプロトタイプ作成方法として相加的な製造が登場しました。これは、お客様独自の課題に迅速に対応し、エンジニアがカスタム製品やシステムをこれまで以上に迅速に作成できるようになります。

 

パーカー・ハネフィンについて

パーカー・ハネフィンは、フォーチュン250社に挙げられるモーション&コントロールのグローバルリーダーです。100年にわたって幅広い業界、航空機市場において顧客の技術設計に貢献しています。 

 

###

メディアお問い合わせ先

Media –

                             Aidan Gormley, Director, Global Communications and Branding                               216/896-3258

     aidan.gormley@parker.com